THEATRE MOMENTS BLOG

神奈川県高等学校演劇講習会&せんがわ劇場夏祭り&ハンター・ハートビートメソッド

皆さん、お盆休み、いかがお過ごしでしょうか?
私はやっとこさ、つかの間の休息タイムを楽しんでおります。

その①:日本演出者協会国際部主催の「身体のドラマから舞台芸術創作へ」を受講。

佐川企画でイギリスから振付家でダンスセラピスト、ローハンプトン大学教授のベアトリスさんを講師に招いて、実践WSとシンポジウムなどの濃い5日間!

その②:『神奈川県高等学校演劇講習会』 約300名の生徒さんに13人の講師で2日間!こちらも濃い時間!

翌日に事務所あてに生徒さんからメールが届きました。
その内容は、私をとても幸福な気持ちにさせてくれたと同時に、自分が行っていることが若い人たちに与える影響がとても強いと再認識しました。

その③:『せんがわ劇場おらほ夏祭り』!
こちらも最高の2日間!
せんがわ劇場は今年度から市直営運営から財団運営に変更。4月に初めてお会いした職員さんたちに助けて頂きながら、今まで以上に盛り上がりました!
《RPG=劇場が魔物に乗っ取られた!みんなで力を合わせて劇場を取り戻そう!》は3年目!いつも劇場のサポートをしてくださっている市民の皆さんが色々な役を演じて、私たちアーティストと職員さんは裏方となり、調布市民の親子の皆さんに楽しんで頂くイベント!
お子さんたちの豊かな想像力、そして豊かなコミュニケーション力で、最高に楽しい時間を過ごしました。

《パレードワークショップ 一緒にUSAを踊ろう!》こちらは5年目!
1時間の振付ワークショップを受けて、商店街のパレードに一緒に参加しよう!というイベント。お子さんがたくさん参加してくださり、また、市民参加の若者たちもたくさん参加してくれて、パレードを最高に盛り上げてくれました!
RPGもパレードも、昨年楽しかったからぜひ今年も!!!というお子さんが多くいて、それだけでも嬉しくて、疲れも吹っ飛びます!
彼らが大人になった時、お祭りの想い出といったら『せんがわ劇場!』となってくれたら、嬉しいな~!
そして彼がら将来、中心となってせんがわ劇場のお祭りを盛り上げてくれたら嬉しいな~!
そんな妄想で幸せな私!

その④:先週は、再び学びの時間。
イギリスから来日されたケリー・ハンターさんによる『シェイクスピア劇を用いて自閉症の若者たちとの演劇活動を学ぶワークショップ』
こちらも最高の3日間でした。
今までもいくつかのファシリテーターのためのWSを受講してきましたが、ケリーさんの哲学、また、ワークを行う上で、アーティストに求められるスキルも、今まで私が選び、学んできたものと一致するものでした。
もっともっと勉強したい!このスタイルをもっと自分の身体に入れたい!そして生きることが大変な人々にシェアしたい!と強く思いました。
素敵な時間を提供してくれたケリー&キム、早稲田大学演劇博物館の皆様に感謝です!

ワークショップ終了後、翌日帰国予定だった、ケリーさんのアシスタントだったスペイン人のキムが、台風のため飛行機がキャンセル!帰国が3日ほど伸びたため、2日間ほど一緒に遊びました!
歌舞伎の一幕を観て、森ミュージアムで塩田千春展を見て、魂が震え、豊洲のチームラボでも感性を刺激され、同時に癒されました。もちろんその間のコミュニケーションは拙い英語!
キムからたくさんスペインの演劇事情を聞いて、すでに心はスペイン!いつか必ずスペインの演劇フェスにも参加したい!と思いました!

そして気が付けば、『#マクベスin マカオ』出発まであと10日!!!
うっひゃ~~~~~!
準備準備!と思っていたら、またまた来年度の海外オファー!そして資料作成!
ありがたいありがたいありがたいありがたいけど日本でも!
目の前にあることを確実に!でも夢は大きく!ひたすらコツコツ頑張ります!

いいこともあれば・・・残念なことも!
オーブンレンジ壊れた~プリンター壊れた~~~
ぎゃふん!
人生色々あるけど、がんばろう!

111

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP